忍者ブログ
金融ブログ
[7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 [ロンドン 26日 ロイター] イングランド銀行(英中央銀行)は26日、半年に1度の「金融安定化報告」を発表、銀行がリスク指向を高めていることで、英国の金融システムは信用(クレジット)状況の悪化による影響を受けやすくなっていると警告した。

 英中銀は、2月から3月初めにかけての株安が投資家のリスクに対する姿勢に与えた影響は一時的なものにとどまった、と指摘。

 銀行が市場シェアを失うことを懸念してリスクをとり続けていることを示す証拠として、信用リスクプレミアムの縮小、格付けが投資適格等級より低い債券の発行増加、デリバティブ(金融派生商品)の人気化を挙げた。

 報告は「マクロ経済安定見通しや競争圧力が、金融セクターのリスク選好姿勢を一段と高めた」と指摘。

 信用リスクを取引する市場を利用することが増えた結果、銀行や投資家は、自分たちがどれだけリスクを抱えているか正確に評価することがより困難になった、としている。

 「金融市場での信用リスク取引は、より効果的なリスク分散を可能にする。しかし、最近、米国のサブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手向け住宅融資)市場で見られる事象は、問題も起こり得ることを示した」とし、「企業の信用、資金調達に関わるような、より大きな市場が信用の質低下に直面した場合、同様の問題がより深刻な結果をもたらす可能性がある」と警告した。 (asahi.com より)

<おすすめ>

ライフカード  について

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索