忍者ブログ
金融ブログ
[10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

生命保険には初め定期保険・養老保険のみが存在したが、平均寿命が伸びるに連れ、何れも老後を迎える前に保険期間の満了が来てしまう事が問題となった。その欠点を補うために販売されるようになった保険が終身保険といえる。

 

保険料の計算上は、男性は105歳、女性は108歳を満期とした養老保険の扱いとなっており、保険会社によっては被保険者がその年齢を迎えた時、保険金を払って契約を終了させる所もある。

 

人は必ず死亡するため、保険料のうち一定割合は、将来の保険金支払のために積み立てられることになる。そのため保険料は定期保険よりも割高となるが、強い貯蓄性を有し、保険が不要になった場合は解約して返戻金を受け取り、別の目的に使用することもできる。大手生保などでは、有期払いの場合に保険料の払い込み終了時に保険を解約し、年金保険や医療保険、介護保険に切り替える事ができるプランも用意されている。

 

保険料の支払いには、終身払い続ける終身払いのほかに、6065歳のような定年を迎えた時期に終了する有期払い、一度に全額を収める一時払いなどがある。平均寿命の辺りまで生存した場合、支払う保険料総額は多くの場合で終身払い>有期払い>一時払いとなるが、加入してすぐ死亡した場合はその逆になる。

 

なお保険金額が基本的に変動しないため、長期の物価上昇(インフレーション)の中ではその(保険金及び解約返戻金)価値が減少してしまうリスクも有する。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

<おすすめ>

楽天カード

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
終身保険
保険期間を定めず、生涯にわたって保障される保険。死亡した場合必ず保険金が支払われるので、定期保険と比較すると保障される金額に対する保険料が割高である。途中解約をした場合に解約返戻金が出ることが多いが、通常は払い込んだ保険料の総額よりは少なく、また契約してからの経過年数が短いほど返戻金は少ない。解約返戻金の増減は、払込期間をどのように設定するかによって大きく変わる。60歳で保険料を全て払い込む形(払込期間60歳)にした場合、おおむね60歳前後で払い込んだ保険料よりも解約返戻金の...
WEBLINK[URL] 【2007/06/13 01:41】


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索