忍者ブログ
金融ブログ
[5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ココア(Cocoa、英語ではコゥコゥと発音する  聞く! ?)は、カカオの種子(カカオ豆)を発酵させた後、種皮と胚芽を取り除いてすりつぶしたもの(カカオマス)に湯や砂糖、牛乳などを加えた飲料で、温かいココアはホットチョコレートとも呼ばれる。メキシコ・ヨーロッパなどで愛飲される。夏季には冷たく冷やして供されることもある(アイス・ココア)。

 

「カカオ」は植物名、またはココアを用いた食品の原材料名として用いられ、「ココア」は食品名として用いられる。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

ゴディバ  ビリーズブートキャンプな日々

PR

喜劇(きげき)とは、人を笑わせることを主体とした演劇や映画、ラジオやテレビのドラマ作品や、それらのなかの笑いを誘うやりとりを指す。コメディとも言う。

 

西洋演劇に端を発するコメディ(Comedy)は、元々は悲劇(Tragedy)の対照を成すものであり、必ずしも笑えるものとは限らなかった。

 

例えば、ダンテの『神曲』も原題は「La Divina Commedia(神聖な喜劇)」である。コメディ映画

コメディ映画とは「観客を笑わせること」「観客の笑いを引き出すこと」を主目的とした喜劇映画のこと。

 

コメディリリーフとは、映画中の緊張度の高い場面間に、笑いを誘う場面を挟む手法、あるいはその手法を担う俳優のことを指す。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

ロスト  さくらんぼ狩り

租税条約の目的

 

二重課税の排除

経済取引が発展し、人、物、金、サービスが国境を超えるようになると、居住地国と源泉地国との間で二重課税の問題が生じうる。これは、一方で国家は、国民の居住地(個人にあっては住所や居所など、法人にあっては本店所在地など)に着目して、たとえ世界のどこで稼得した利益であろうとこれを課税しようとする考え方(全世界所得課税)があり、他方で、国家は、自国の主権の及ぶ範囲において稼得された利益については、たとえ自国に居住地を有しない者によるものであっても、これに課税しようとする考え方があるからである。

 

居住地国も源泉地国も相互に主権国家である以上、お互いの国の課税の方針についてとやかくいうことは難しい。しかしながら、目先の税収確保に捉われてこの二重課税の問題を放置すれば結局のところ、国境を跨いだ経済取引の阻害要因となり、長期的には国家の損失につながる。

 

二重課税は、国内法により外国税額控除制度を設けたり、あるいは全世界所得課税を放棄し国内源泉所得のみに課税を行う立場(外国所得免税)をとれば、一定程度は排除できるが、その手続きが煩雑かつ手間暇がかかり、技術的にも完全な排除が困難である。したがって、租税条約により、相互の課税権を譲歩して、二重課税を排除するように課税権の配分を定め、相手国の居住者に対する課税の減免を行うこととなる。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

ペイジー

化学(かがく、Chemistry)とは、原子・分子を物質の構成要素と考え、物質の構造・性質・反応を研究する自然科学の一分野である。日本では幕末から明治初期にかけてはセイミ(舎密)と呼ばれた。また、同音異義の「科学」(science)との混同を避けるため、化学を湯桶読みしてばけがくともいう。

 

化学分野の具体的な項目についてはPortal:化学ならびに化学カテゴリを参照されたい。

概要

すべての物質は原子からできており、またその性質は原子自身の状態や、原子同士の結びつきかた(化学結合)で決定される。化学は基本的には原子・分子レベルでの物質の構造や性質を解明し、また新しい物質や反応を構築する学問である。

 

化学には、研究手法や対象とする物質の違いによって多くの分野が存在する。しかし、各分野間には関連領域が存在するため明確に区別することは難しい。以下に例として代表的なものを挙げる。化学の他の分野については化学の分野一覧を参照のこと。

 

物理化学

物理化学は物理学的、例えば量子力学や熱力学な手法や視点から化学研究を行う分野である。また、コンピューターの進歩に伴い、理論式から計算によって物質の状態を予測する計算化学も急速に発展している。生物に関する研究は生物物理化学と呼ぶ。

無機化学

無機化学は有機化合物を除くすべての物質、すなわち単体と無機化合物を対象とする広い分野である。錯体を扱う分野は錯体化学、生体内の無機物を扱う分野は無機生化学、生物無機化学などと呼ばれる。

有機化学

有機化学は有機化合物を扱う分野である。有機物は生物の主な構成要素である他、多様な反応をするため、専門的な分野として特化している。薬学とも密接なかかわりがある。生物学との境界分野は生物有機化学と呼ばれる。

高分子化学

高分子化学は、非常に大きな分子である高分子を取り扱う分野である。合成方法だけでなく、機械特性や熱物性なども研究対象としている。高分子の材料としての重要性から、工業とのつながりが非常に強い。

生化学

生化学は生物学と化学の両方にまたがる領域で、生命現象を化学的に研究する分野である。酵素やホルモンなどのタンパク質や糖、脂質などの生体内での機能を扱うことが多い。生体高分子を扱うことが多いため高分子化学とも関連する。

分析化学

分析化学では様々な物質を測定したり分離することを目的とし、応用性が強い。食品や薬品、農業、工業などさまざまな分野で重要な役割を担っている。

工業化学

工業化学は、原料を化学製品へ転換する上で生じる各種問題を対象とする分野である。新しい反応や触媒の探求からプラントの設計まで、実用上必要とされる幅広い事柄を取り扱う。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

翻訳 化学

リラクゼーション (Relaxation)

 

人間(ヒト)が、くつろいで、やすらいでいる状態になること。くつろぎ。やすらぎ。

 

交感神経の興奮が抑えられ、副交感神経の働きが優位になっている状態になること。

人間(ヒト)を、上記のくつろいだ状態にする活動や行為。あるいは気分転換、息抜き。

(. レクリエーション活動、レジャー活動、等々)

物理学の分野において、原子等のエネルギーレベルが高い状態から低い状態に移ること。

音楽の分野において、楽曲の進行中に、音楽的な緊張感をゆるめること。

数学の分野において、最適化問題の「リラクゼーション・テクニック」(en:Relaxation technique (mathematics))とは、難度の高い問題を難度の低い問題へと変換すること。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

<おすすめ>

ピクシー



忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索