忍者ブログ
金融ブログ
[39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

生理的熱量を与える熱量素は栄養学の中でも初期に発見され、かつ重要視されており、熱量素となる糖、脂肪、タンパク質は三大栄養素と呼ばれている。

 

一方で、消化吸収されたものの消費されなかった熱量素は、主に脂肪組織に蓄積され、肥満や成人病を招く。このため、現代では熱量素の摂取を制限したり、運動によって熱量の消費を増やすことで体脂肪率を一定に保つのがよい(痩身)と考えられている。またこれは美容とも大きく関わるため、生理的熱量の摂取・消費は多くの国で国民的関心事となっている。

 

名称にまつわる問題

栄養学では生理的熱量は単に熱量と呼ばれることが多かったが、一般にはその単位であるカロリーが生理的熱量をあらわす名詞として通用している。Wikipedia日本語版でも、生理的熱量の項目が作られてから1年以上経過しているにもかかわらず、文脈的に生理的熱量を示す言葉としてもっぱら「カロリー」が用いられている。食品表示での熱量単位をカロリーからジュールに置き換えることもあり、生理的熱量のほか、生理的エネルギー値、生理的エネルギー量、代謝熱量、代謝エネルギー量などの言葉で置き換えようとする動きはあるものの、成果はほとんど上がっておらず、厚生労働省や農林水産省の広報でもカロリーという言葉が使われていることは珍しくない。また、伝統的に熱量という言葉を用いているものの、エネルギーの様態として熱を介さない代謝も多いことから、より一般的なエネルギーという言葉を用いたほうがいいという見方もある。

 

この事情は日本以外でも似たようなものであり、アメリカでも生理的熱量を表す言葉としてCalorific valueが広く通用している。ここでも名称置き換えの動きはあり、現在はenergyという言葉を基本におき、食品に対してはfood energyという言葉にしようとしているようである。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

メンズエステ

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索