忍者ブログ
金融ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

キックバック

信販会社がオートローンを拡販する上で対応したことが、それまで自動車販売会社がマル専手形で得ていた割賦金利収入を一部補填する意味で、オートローンで得られる分割払い手数料のうち、一部を販売会社に還元する方式がキックバック(バックマージン)である。

 

この制度があったからこそ、信販会社のオートローンが販売会社に受け入れられ、爆発的な普及につながったと言われている。

最近のオートローン

低金利環境となり、販売会社も顧客囲い込みのためオートローン金利を競争条件としてきた事から、顧客金利は信販会社の調達金利に少し加えた程度の金利となり、収益率は大幅に低下している。そのため、現在では信販会社のオートローンでは大手販売会社への対応は困難となり、自動車メーカー系のクレジット(信販)子会社が対応するケースが多くなってきている。

 

一方、銀行や信用金庫などの金融機関でも、自動車の購入を含め、車検費用、運転免許取得費用などの、自動車に関連する各種費用を対象にした個人向け融資(「マイカーローン」などの名称で販売している)を展開するようになっている。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

オリコ ポイント

http://biyou1.269g.net/

http://biyou-life.269g.net/

http://biyou2.269g.net/

http://touzifanchan.bokee.com/main.b

http://tu-shin.269g.net/

PR

プライベートブランド

ジャスコ株式会社の時代からさまざまなプライベートブランドを展開し、そのなかのひとつで1994年に誕生した「トップバリュ」へのちに集約されていった一方で、トップバリュの中でさまざまなブランドを新たに展開するようになっている。開発は子会社の株式会社生活品質科学研究所が中心となり、輸入商品の一部は子会社アイクが担当しているが、販売者は全商品とも当社である。また、近年はイオングループ各社の店頭でも販売している。

 

トップバリュ - 品質と価格の両面から最高(TOP)の価値(Value)を目指した商品群。

トップバリュ グリーンアイ - 健康や地球環境に配慮した生鮮食品群。

トップバリュ セレクト - トップバリュの中でも特に高品質を目指した高付加価値商品。

トップバリュ 共環宣言 - 環境保全型の商品。日用品で展開。

トップバリュ レディーミール - 手軽に用意出来る惣菜類。フローズンとチルドで展開。

ベストプライス by TOPVALU - より廉価を目指したベーシックな商品。現在はプレーンヨーグルトや食パンで展開。

「ベストプライス」自体は、一般のメーカー製品のなかから選りすぐって指定したものであるため必ずしもプライベートブランドではないが、「ベストプライス」のラインナップを補うために自社で開発した製品を、「ベストプライス by TOPVALU」と称して販売している。

トップバリュ ヘルシーアイ - 「なくす・へらす・おぎなう」をキーワードとした、健康志向の商品群。2007220日デビュー。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

イオンカード

偵察(ていさつ reconnaissance)とは、敵をはじめとして様々な事柄についての情報を[1]目視観測などの手段を通じて能動的に収集する活動である。受動的である監視の対義語。また敵についての情報を収集する「捜索」、地形地勢についての情報を収集する「偵察」と区別されることもあるが、同時に両者についての情報を収集する場合は区別して用いられない。軍事用語として用いられるが、そこから派生して一般においても「相手の情報の収集」の意味で用いられる。

概要

作戦行動には基本的に作戦地域についての情報と敵部隊についての情報の二種類が必要となり、特に後者の情報は流動的であるために逐次更新することが必要となる。偵察はこれら情報を収集することを目的とした活動である。主に小隊、中隊に置かれている偵察部隊がこの任務につく。偵察には隠密偵察と威力偵察がある。隠密偵察とは敵に察知されることなく行う偵察行動であり、威力偵察とは部隊を展開して小規模な攻撃を行うことによって敵情を知る偵察行動である。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

icute

租税条約の目的

 

二重課税の排除

経済取引が発展し、人、物、金、サービスが国境を超えるようになると、居住地国と源泉地国との間で二重課税の問題が生じうる。これは、一方で国家は、国民の居住地(個人にあっては住所や居所など、法人にあっては本店所在地など)に着目して、たとえ世界のどこで稼得した利益であろうとこれを課税しようとする考え方(全世界所得課税)があり、他方で、国家は、自国の主権の及ぶ範囲において稼得された利益については、たとえ自国に居住地を有しない者によるものであっても、これに課税しようとする考え方があるからである。

 

居住地国も源泉地国も相互に主権国家である以上、お互いの国の課税の方針についてとやかくいうことは難しい。しかしながら、目先の税収確保に捉われてこの二重課税の問題を放置すれば結局のところ、国境を跨いだ経済取引の阻害要因となり、長期的には国家の損失につながる。

 

二重課税は、国内法により外国税額控除制度を設けたり、あるいは全世界所得課税を放棄し国内源泉所得のみに課税を行う立場(外国所得免税)をとれば、一定程度は排除できるが、その手続きが煩雑かつ手間暇がかかり、技術的にも完全な排除が困難である。したがって、租税条約により、相互の課税権を譲歩して、二重課税を排除するように課税権の配分を定め、相手国の居住者に対する課税の減免を行うこととなる。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

ペイジー

化学(かがく、Chemistry)とは、原子・分子を物質の構成要素と考え、物質の構造・性質・反応を研究する自然科学の一分野である。日本では幕末から明治初期にかけてはセイミ(舎密)と呼ばれた。また、同音異義の「科学」(science)との混同を避けるため、化学を湯桶読みしてばけがくともいう。

 

化学分野の具体的な項目についてはPortal:化学ならびに化学カテゴリを参照されたい。

概要

すべての物質は原子からできており、またその性質は原子自身の状態や、原子同士の結びつきかた(化学結合)で決定される。化学は基本的には原子・分子レベルでの物質の構造や性質を解明し、また新しい物質や反応を構築する学問である。

 

化学には、研究手法や対象とする物質の違いによって多くの分野が存在する。しかし、各分野間には関連領域が存在するため明確に区別することは難しい。以下に例として代表的なものを挙げる。化学の他の分野については化学の分野一覧を参照のこと。

 

物理化学

物理化学は物理学的、例えば量子力学や熱力学な手法や視点から化学研究を行う分野である。また、コンピューターの進歩に伴い、理論式から計算によって物質の状態を予測する計算化学も急速に発展している。生物に関する研究は生物物理化学と呼ぶ。

無機化学

無機化学は有機化合物を除くすべての物質、すなわち単体と無機化合物を対象とする広い分野である。錯体を扱う分野は錯体化学、生体内の無機物を扱う分野は無機生化学、生物無機化学などと呼ばれる。

有機化学

有機化学は有機化合物を扱う分野である。有機物は生物の主な構成要素である他、多様な反応をするため、専門的な分野として特化している。薬学とも密接なかかわりがある。生物学との境界分野は生物有機化学と呼ばれる。

高分子化学

高分子化学は、非常に大きな分子である高分子を取り扱う分野である。合成方法だけでなく、機械特性や熱物性なども研究対象としている。高分子の材料としての重要性から、工業とのつながりが非常に強い。

生化学

生化学は生物学と化学の両方にまたがる領域で、生命現象を化学的に研究する分野である。酵素やホルモンなどのタンパク質や糖、脂質などの生体内での機能を扱うことが多い。生体高分子を扱うことが多いため高分子化学とも関連する。

分析化学

分析化学では様々な物質を測定したり分離することを目的とし、応用性が強い。食品や薬品、農業、工業などさまざまな分野で重要な役割を担っている。

工業化学

工業化学は、原料を化学製品へ転換する上で生じる各種問題を対象とする分野である。新しい反応や触媒の探求からプラントの設計まで、実用上必要とされる幅広い事柄を取り扱う。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

翻訳 化学



忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索