忍者ブログ
金融ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

歴史

カカオの実を歴史上最初に使用していたのは、紀元前1500年から400年にかけ、アメリカ大陸最古の文明でありメソアメリカの先住民であるオルメカの人々の可能性が高い。後にマヤ文明の人々が、現在のメキシコ、タバスコ州に位置する、チョンタルパ地域に広がっていた大農場より収穫されたカカオの実を基にした飲み物を飲んでいた。彼らが創り出したその飲み物は、ナワトル語で「ショコラトル(xocolatl)」と呼ばれた。これは苦いという意味の「ショコク(xococ)」と水という意味を表す「アトル(atl)」が組み合わさった言葉である。この言語における「x」は、当時のスペイン語音素で現在の英語の発音「sh(シュ)」と同様の発音である。この飲料は炒ったカカオの実、水、そして少量の香辛料から作られていた。この時代、カカオの実は通貨としても使用されている。

 

ヨーロッパ人によるアメリカ大陸の発見の後、クリストファー・コロンブスは新世界からカカオの実を持って帰還した。しかし当時のヨーロッパの人々は、貿易の道具としてもっと役に立つものにしか興味を示さなかった。

 

ところがその後、1517年にエルナン・コルテスがベラクルス近隣のメキシコの海岸へと降り立つ。彼はアステカ王国と国王モクテスマ2世の、その名高い富を一目見ようと当時のアステカの首都、テノチティトランに向かった。 モクテスマ2世はコルテスへ、自身の好物である「ショコラトル」を金のゴブレットに入れて差し出した。「そのショコラトルはバニラと香辛料の風味があり、粘りつく蜂蜜の泡もきちんと少なくして作られており、それが口の中で段々と解け冷たさを取り去った」という。モクテスマ2世はゴブレットに注がれていた自分の「ショコラトル」をハレムに入る前に飲み干したことから、一種の媚薬であったのではという考えもある。

 

それからコルテスは1528年に、大量のカカオの実とチョコレート飲料を作る機器をガレオン船に積み上げてスペインへと戻った。皇帝カール5世がすぐにこの飲料を採用すると、「チョコレート」はスペインの上流階級の間で流行の飲み物となった。加えて、スペイン王家の人間が他のヨーロッパ人の貴族と結婚する際、カカオは持参金として与えられていた。スペイン人がこの美味な飲料を秘密にしていたため、チョコレート飲料がヨーロッパ中で人気を得るようになるのにはほぼ1世紀を費やした。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

父の日プレゼント ゴディバ



PR

詐欺の具体的手口

高齢者などを狙い、「俺だよ、オレオレ」「わたし、わたし」「お母さん……」「久しぶりだけど、覚えてるかな?」などと孫や子、兄弟、親、知り合いなどの縁者を装った電話をかけ、「交通事故を起こして示談金が要る」、「中絶費用が必要になった」等、虚偽の急用を訴えて口座に送金させ、金銭をだまし取る。こうしたものをオレオレ詐欺という。泣き詫びる子供を装う「ごめんなさい詐欺」や「ボクボク詐欺」も派生した。

交通事故を装うケースでは、事故を起こしたとされる人物の勤務先に電話を掛け、だまされる人物が確認のために本人に電話を掛けても話中になるように仕組まれていたケースがあった。例えばだまされる人物の長男が事故にあったとする場合は、長男の携帯電話に悪戯電話を繰り返して電源を切らせるなどの方法がとられた。また、録音された緊急車両のサイレンを電話から流しているケースもあった。

警察官を装い、被害者の身内が事故に遭ったとして、事故の示談金名目で金を騙し取るケースが増えてきた。全体の4分の1を占め、増加傾向にある。

勤め先の会社の幹部などを装い、身内が会社のお金を横領して警察に逮捕されたとして、横領の弁済金名目や示談金を騙し取るケース、身内が会社でトラブルを起こして会社に損害を与えたからとして、賠償金名目などで金を騙し取るケースが急増。

税務署職員を装い、税金を還付するので手数料を振り込ませるケースがある。

携帯の発信電話番号を実在する警察署や家族の電話番号に偽装するという巧妙な手口も発生してきた。携帯電話会社では偽装は不可能というコメントを発表しているが、一部のサブカルチャー雑誌、アングラ雑誌がこの方法を紹介している。

誘拐を装った詐欺事件も最近増えて来ている。

融資を引き受ける条件として、保証金の振込みをさせる(「融資保証金詐欺」)。この場合、メガバンクなどの超有名企業と酷似した名称の社名を名乗ったり、大手消費者金融会社の広告物を無断使用し、電話番号だけを書き換えたダイレクトメールを送りつけて融資の勧誘をするケースが多い。東京都は2005111日に「貸します詐欺」と命名した。

「お宅の息子や夫が電車内で(場所はいろいろ作られる)暴力/傷害行為を働いて逮捕された」と装い示談金や入院費、休業補償名目などで現金を騙し取るケースもある。

賃貸住宅や集合住宅に住んでいる人に、家賃や管理費の振込先が変更になったという偽の連絡を入れ、家賃や管理費を振り込ませる。

駅員や警察官などを装い、息子や夫が痴漢行為で逮捕したと装い示談金をだましとるケースもある。

実在しない組織「国民健康保険庁」から、郵便で「指定の電話番号に連絡しない場合は、国民健康保険証が無効になる」と電話をかけさせ、国民健康保険料の支払いを要求するケースも発生。

お宅の夫や息子が駅員に暴力行為をはたらいて大怪我させたなどと偽って、示談金や入院費・休業補償などを求めるケースもある。

主に高齢者が被害者となるケースが多いが、最初の頃は、逆に両親や祖父母と離れて一人暮らししていたり、独立した家庭を営む若い世代が、「両親(祖父母)が危篤状態だから大至急送金を頼む」とか、年配者を利用して携帯電話に「おじいちゃんだけど…」とだまそうとしてまんまと引っ掛かったケースもあるという。

事前に騙す相手に電話をかけ、携帯を変えた、連絡先が変ったと伝える「アポ電」の手口が伝えられる。これにより、多少声が変っていても、携帯の端末を変えたせいだと説明できる。また、番号通知でも予め伝えた本人の番号が表示されるために疑いを持たれる可能性が低くなる。

示談金を騙し取った後、マスコミへの口止め料を騙し取ったケースがある。

カジノで負けて多額の借金を作ったと装い、借金を返済する金が必要だと偽って現金を騙し取るケースもある。

株で失敗して多額の借金を作ったと装い、借金を返済する金が必要だと偽って現金を騙し取るケースもある。

女性とささいな事でトラブルを起こしたと偽って多額の示談金や賠償金を騙し取るケースもある。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

コロコロコミック

カモリストとは、悪徳商法等で何度も騙された被害者の名簿の事である。由来は「脅せば金を出すおいしいカモ」かららしい。悪質業者にとってベロベロやサブと呼ばれる人はカモリスト化されやすいタイプといえる。

 

カモリストは昔から存在するが、特にアポイントメント商法、デート商法、内職商法、架空請求、振り込め詐欺、出会い系サイト、ワンクリック詐欺、原野商法で騙された人の名簿が悪質業者間で高額で取引されている。

 

カモリストにいったん掲載されると悪質業者による二次勧誘のターゲットになり、職場や自宅に毎日勧誘電話を入れられたり、景品または商品が当選した旨のハガキが届くようになる。カモリストは不正に流出することがある。訪問販売業界では業務委託契約社員やフルコミッション(完全出来高制)の給与体系が多く、営業成績が低迷して金銭的に困った社員がカモリストを持ち出して、名簿ブローカーなどに売る流れもあるが、悪質業者が計画倒産したタイミングで、社員がカモリストを持ち出し彼らが新しい会社を設立するときにそのカモリストを再利用する場合がもっとも多い。その一方で、自分の母校の同窓会名簿や、自社の社員名簿を売っている者が存在するが、これらの名簿は卒業年、会社名といった属性は同一だが、掲載者全員がカモというものではない(逆に、中にはクレーマーがいるかもしれない)ので、営業活動に使う名簿としては活用しにくい一面もある。世間にはあまり知られていないが、名簿の持ち出しが稀に刑事事件にも発展することもある。

 

カモリストという言葉は、ネット上の掲示板や雑談で使われるようになった俗語で、訪問販売業界ではベロベロの資料、ベロベロのリストと愛嬌を伴った言葉しか使われず、カモリストなどと、得てして人種差別のような呼ばれ方をすることはまず無い。

 

対処法

カモリストに基づくと思われる金銭の請求や業者からの連絡には一切応じない。万一、応じてしまった場合や不安が消えない場合は、悪徳商法の対処法を参考にされたい。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

ANA カード

特定商取引に関する法律(とくていしょうとりひきにかんするほうりつ、略称「特定商取引法」「特商法」)は「特定商取引(訪問販売、通信販売及び電話勧誘販売に係る取引、連鎖販売取引、特定継続的役務提供に係る取引並びに業務提供誘引販売取引をいう。以下同じ。)を公正にし、及び購入者等が受けることのある損害の防止を図ることにより、購入者等の利益を保護し、あわせて商品等の流通及び役務の提供を適正かつ円滑にし、もつて国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする」(第1条)法律である。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

アットローン 審査

概説

電子メールはインターネットが商業化する以前の、利用者の善意が比較的期待できた時代に発達してきたものである。そのため、送信者の身元特定や送信サーバの使用制限などが不十分であるなどと言った問題点が残されている。これが、今日のスパム氾濫の遠因と言える。

 

宣伝目的のスパムは、以前から見られたダイレクトメールの電子メール版であると考えることができる。 販売側から見て、不特定多数の個人に対して広告活動をするとき、郵便に比べて電子メールでは以下のような特徴がある。

 

郵便では一通ごとに内容の印刷と郵送料によって出費が発生するが、電子メールは接続料金のみで送信できる

電子メールは短時間に一括送信が可能

封筒ごと捨てられる恐れがなく、題名だけでも受信者の目に触れる可能性が高い

そのため、インターネットの普及とともに無差別送信されるメールは急増した。メール使用者にとって必要な通常のメールよりも、これらスパムがはるかに多く届くといった事態にもなり、大きな社会問題となっている。

 

PCで使用するメールアドレスに届くスパムとは別に、携帯電話に届くスパムもまた問題となっている。24時間手元に置いて使用するものだけに、断続的にメール着信音が鳴ることになるなど日常生活への影響が大きい。携帯電話へ届くものは「スパム」よりは「迷惑メール」と呼ばれることが多い。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

中国株



忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索